雌滝・雄滝〜葭ケ原(三段峡)

黒淵から大淵にかけては,雌滝,雄滝など,多くの滝が見られる。遊歩道はもっぱら左岸を通るが,途中,右岸につけかえられた区間がある。そこには橋がかかっているが,その橋には,付近にある名勝「蛇杉」と,三段峡を世に広めたとされる「熊南峰」氏の名前がつけられている。葭ケ原には,かつて旅館もあったというが,現在はレストハウスがあるのみとなっている。ここは,峡谷内で食事のできる貴重な場所でもある。この近くに,水梨林道を経て自動車で入ることもできる(観光シーズンには,旧・三段峡駅前からのバスの便もある)。