2005年 三段峡紅葉レポート

ページ:1,

●2005年11月03日 三段滝を訪れる

 今日,11月3日は,「晴れの特異日」と言われる。統計上,「晴れ」になる日が多いということだ。実際には「曇」であることも少なくないらしいが,「雨」になることは実際に多くないという。これは決して,気象的に意味のある現象ではなく,一種の「偶然」だということだが・・・・
 今日,天気予報では,「高気圧に覆われるものの気圧の谷の接近もあり,曇。ところによっては,朝のうち雨。」という。「ところによっては」というのは,山沿いの地域を指す場合が多い。つまり,三段峡方面は,朝のうち雨かもしれない・・・・・。
 例<年,11月3日は「晴れの特異日」であると同時に,三段滝付近の紅葉の見ごろでもある。先週末は,東京に出張ででかけていたため,今年はまだ紅葉を撮っていない。多少の雨模様なら,かえってしっとりした絵ができるんじゃないか?と,軽量なカメラで三段滝を撮影することにした。
 三段滝は,期待通り,見ごろを迎えていた。

TACHIHARA Fielstand45, FUJINON 150mm F5.6, E100G (2005/11/03)

 晴れの特異日というのは,本当だったのだろうか。朝は湿りがちだった空も,お昼近くになると,ときどき弱いながらも,日差しも出るようになってくる。三段滝の上流近くで,きれいに色づいた木に,スポット的に弱い光が当たっていた。

TACHIHARA Fielstand45, FUJINON 150mm F5.6, E100G (2005/11/03)

 山は,一面に色づいている。「玉緒滝」付近から「猪上らず」の方を望むと,さまざまな色が幾重にも折り重なっているのだった。

TACHIHARA Fielstand45, FUJINON 150mm F5.6, E100G (2005/11/03)

1,→次ページ